スタッフを募集しております
ホームブログ

健康であり続けること。

連日のニュースが伝える通り、
先日の水害で、たくさんの方が被害に遭われました。
さらには、猛暑により避難中の方の御体調も心配されます。
被災された方々にお見舞い申し上げるとともに、
一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。

先日実施した7月のスタッフ研修では、
進行中の終活プロジェクトの一環として
噛む事セミナーと、オーラルフレイルセミナーをおこないました。

一般的に終活というと
死ぬまでの準備といったネガティブなイメージを持たれる方も多いかと思います。
ですが、私達がご提案するのはその逆!!
余生を歯科という医療の観点から考えた「ワクワクする終活」です。

残りの人生を意識し始めたからこそ、
あきらめるのではなく、
今を大切にやりたい事をやろう!!

そのためにもっとも大切なのは、
健康であり続けるということです。

私達は、終活を「余生を楽しむ健康づくり」ととらえ、
歯と噛む事が、健康であり続けることに大きく関わっていることを、
1人でも多くの方にお伝えしたいと考えています。

9月から本格始動するおがた歯科の終活プロジェクトと、
オーラルフレイルメンテナンスを乞うご期待ください。

笑顔の御年配の女性

フレイル(身体の虚弱)のお話。

すっかり夏雲になり暑さも厳しくなって参りました。
お変わりありませんでしょうか、副院長中山です。

今日はフレイル(身体の虚弱)のお話です。

少し前にご来院いただいた80歳の患者様から、
「最近手が痺れて歯ブラシが上手くできない」というご相談をいただきました。

詳しくお話を聞いてみると、
そのストレスもあってか気持ちが沈み、
色んなことが億劫になってリハビリに行かない → 家に引きこもりがちに。
気づけば手の痺れも急に悪化しているような気がするとのこと…。

まさにフレイル(身体の虚弱)のサインです。

正しいブラッシングができず、
歯周病などで食べる・噛むといった口腔機能が衰えると、
食べることのストレスから栄養状態の悪化や、
そもそも他人と会話するのが億劫になってしまいます。

ほんの小さなきっかけではありますが、
御年配の方にとって、栄養バランスの乱れや人との関わりが減ってしまうことは、
やがては全身健康そして精神健康をも脅かしかねません。

歳をとればこんなもの…とあきらめずに、
健康への働きかけとして、
リハビリや歯のメンテナンスに出かけて、
ついでに人とたくさん話をしましょう!!

いつも皆様が健康で楽しい毎日を送れることを願っております。

おがた歯科のデンタルペーパー7月号

免許更新に認知機能検査。

こんにちは、副院長中山です。

今月は終活プロジェクトへの想いを書き綴っておりますが、
今日はちょっと違った話題です。

先日、免許切り替えの為、講習に参加してまいりました。
その際に耳にしたのが、高齢者の事故急増の問題です。

先日も熊本県内で、高齢者の事故があったのですが、
その背景には、高齢者の方の反射能力の低下をはじめ、
「認知症」の疑いがあるそうです。

2017年の3月から、75歳以上の方の免許更新は認知機能検査が義務付けられ、
認知症と診断された場合は、運転免許の取消し等の行政処分の対象となるそうです。

この認知症、
実は私たち歯科に非常に関係がある問題で、
歯に何らかのトラブルがあったり、
入れ歯が合わないなどの「しっかり噛めない」状況の
認知症の発症率は通常の1.5倍と言われています。

歯がきちんとある、噛める環境であるかどうかが、
認知症の発症と大きく関わっているのです。

健康の創造は口腔(口)から!!
まず大切なのは、お口の状況と向き合うことです。
ぜひお口checkにご来院下さい。
チームスタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

おがた歯科のデンタルペーパー6月号

active終活プロジェクトへの想い

こんにちは。副院長中山です。

暑い日が続いておりますが、皆様お変わりありませんか?
本日は私達の患者様への想いを書いてみたいと思います。

私達がクリニックにて患者様と接する中で、
御年配の患者様がお久しぶりに来院戴いた際に
すっかりやせ細ってあったり、急にご入院されたり、
お逢いするたびに急激に認知症が進まれたり。。。

そんな場面に遭遇する度に、
私達が患者様に何かお役に立てることはないだろうかと、ずっと考えておりました。

以前の記事でも紹介させていただきましたが、
口の衰えは身体全体、さらには精神的な部分や社会的な面も含めて、
健康と大きな関わりがあります。

病気や認知症は、老化だからしょうがないわけではありません。
本当は老化での変化はごく僅かで、
噛み合わせを始め、生活習慣等から予防できることたくさんあります。

患者様が「もう年だから…」と、
余生を諦めない日々を暮らせるように、
私たち歯科ができることを。

そんなたくさんの想いを持って
このプロジェクトを精一杯努めて参りたいと思います。

おがた歯科のデンタルペーパー3月号

active終活プロジェクトスタート!

こんにちは、副院長中山です。

すっかり梅雨入りして雨が多くなってまいりました。
御体調お変わりないですか。

前の投稿でもご紹介しました終活プロジェクト、
6月からついにスタートしております。
スタッフ皆で「噛む事」セミナーと、
フリーランス衛生士として起業された、
西依様とともにプロジェクトの実践を始めました。

まずはデンタルペーパーでもご紹介している
オーラルフレイルの勉強をしました。
噛む事が、どれだけ全身健康に関わっているのかを深く学び、
クリニック全体で患者様の健康意識アップのお手伝いをしていきたいと思います。

来月は実践に向けて早速実習が始まります。
秋からのオーラルフレイルメンテナンスをお楽しみにどうぞ!!

おがた歯科のデンタルペーパー5月号

いつも患者様の小さな幸せのお手伝いを目指して!!

こんにちは、副院長中山です。

あじさいが咲き始めましたね。
例年より早い梅雨入りとのことで、みなさまいかがおすごしでしょうか?

私達が患者様から戴くお声に
「もう歳だから〜」
「周りもみんな入れ歯だから〜」
と少し自分に諦めがちなお声をいただくことがあります。

もっと歯や健康意識をもっていただきたい。

当院の「終活プロジェクト」はそんな想いから始まりました。

5月のデンタルペーパーでもご紹介させていただきましたが、
老化だからしょうがないと諦め出すと、転げ落ちるように老化は加速してしまいます…

幾つになっても遅いなんてないと思うんです‼︎
諦めないでいつまでも最後まで幸せで笑顔であってほしい。

噛む事は、食事を通してたくさんの幸せと全身の健康を手にできます。
少しでも気になる所があればお気軽にご相談ください。

いつも患者様の小さな幸せのお手伝いを目指して‼︎

おがた歯科のデンタルペーパー5月号

終活プロジェクト!

梅雨が始まりそうな蒸し暑い日が増えて参りました。
今月は私がこのクリニックで感じた想いについて少し書かせて戴きたいと思っております。

私の父は歯科医で、
そんな環境で育った私は、自然な流れで歯科医になりました。
なので原点に、強い想いや目標があるわけではありませんが、
2015年にこのクリニックを継承して、
この場を通してたくさんのご縁と、色んな出会いを戴き学び、
今では患者様、スタッフにも感謝の毎日です。

いつも御愛顧戴き心から感謝致します。

大切な患者様から戴くお声に、
精一杯耳を傾けて参るのが、私の1番の仕事であり喜びです。

そんな患者様と日々接する中で、
歯科としても、皆さんに接する一人の人としても
もっとお役になてることはないだろうか?
と思うことが多くなりました。

そこで、当院では新たな取組として、
「終活プロジェクト」を進行中です。

他業種のプランナーライター様、
そして税理士ファイナルプランナー様とも共有して
素晴らしい内容にしていきたいと思っております。

乞うご期待下さい。

おがた歯科のデンタルペーパー4月号

インプラントデンチャー

噛めるようになりたい‼︎
でも私には歯が1本もない…
予算的に全部インプラントは難しいなぁ…

という方にはインプラントデンチャー‼︎

本数としては上の総入れ歯なら2〜4本、
下の総入れ歯なら2本。

リーズナブルですが、
外れない、バリバリ噛める、今までの入れ歯とは別世界です♡

ご興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

インプラント治療急増中です‼︎

当院が今年から取り組んでいる「噛める喜びプロジェクト」。

その第一弾は、
最大に質の高いインプラント治療の提供です。

私達はチームでインプラントについて毎月勉強を行い、知識を深め、
その素晴らしさを患者様にどう伝えるかも考えてきました。

その結果、1月からのインプラント予定患者様は急増致しております。
私達の患者様を思う気持ちが伝わり嬉しいばかりです。

インプラントにご興味がある方、
不安がある方はまずはお気軽にご相談下さい。
わかりやすくご案内させていただきます。

新たな試みをやめません‼︎ 噛み合わせ編

おがた歯科の新しい試みシリーズ第二弾は「噛み合わせ」です!
※第一弾はこちらの記事を参照

噛み合わせはとても難しいもので、
歯の治療をすることで、
逆に正しい噛み合わせのバランスが
悪くなってしまう事もあります。

当院では今まで以上に正確に噛み合わせをとるべく、
3月はたくさんのセミナーに参加して学んで参りました。

患者様の「噛める喜び」をさらに高めて参ります!